松本侑子ホームページ


Yuko Matsumoto
2020年1月6日更新

Life is a gift, live it well.
 人生は一つの贈り物、人生を良く生きよう。

Twitter「松本侑子❤日本初の全分訳『赤毛のアン』
Followしてください!
情報  書籍

2020年1~3月の『赤毛のアン』講座は、①と②の2講座を開講します。
 東京と名古屋

①「『赤毛のアン』の英文学~イタリア編」 1回講座
←『赤毛のアン』に登場する『ロミオとジュリエット』の場面

 『赤毛のアン』に登場する英文学から、イタリアを舞台にした作品を解説
 なぜその作品が『赤毛のアン』に入っているのか、理由も解説
 舞台となったイタリアの写真を多数上映します。

 ヴェローナ『ロミオとジュリエット』シェイクスピア劇  ~『赤毛のアン』第5章
 ローマ   『ジュリアス・シーザー』シェイクスピア劇 ~『赤毛のアン』
 フィレンツェ『チャイルド・ハロルドの巡礼』バイロン  ~『赤毛のアン』第21章
 アゾーロ  『ピッパが通る』ブラウニング       ~『赤毛のアン』第38章 「神は天にあり」

東京  1月11日(土)16時~17時半 3960円
     詳細 朝日カルチャー新宿 予約☎03-3344-1945 受付中

名古屋 1月19日(日)13時半~15時
     詳細 栄中日文化センター 予約☎0120-53-8164 受付中


②「続・『赤毛のアン』の謎とき」 全3回講座
 
   
  
②『アンの青春』    ③『アンの愛情』   ④『風柳荘のアン』

 日本初の全文訳・訳註付『赤毛のアン』シリーズから
 第2巻『アンの青春』、第3巻『アンの愛情』、第4巻『風柳荘のアン』を文学として解説

 それぞれの作品の鑑賞、作中の英文学・ケルト・キリスト教、各登場人物の民族、読みどころ
 各作品の舞台となった場所の写真上映

東京 2020年1月18日、2月8日、3月14日、各(土)16時~17時半  
    詳細朝日カルチャー新宿  予約☎03-3344-1945 受付中

名古屋 2020年1月26日、2月16日、3月15日、各(日)13時半~15時
     詳細栄中日文化センター 予約☎0120-53-8164 受付中

2020年後半の『赤毛のアン』関連講座

③「英語で楽しむ『アンの愛情』」全3回 2020年4月~6月
 第3巻『アンの愛情』Anne of the Islandの英語講座。英文・対訳・単語・文法の教材付
 
東京   2020年4月18日、5月16日、6月20日、各(土)16時~17時半 朝日カルチャー新宿
名古屋 2020年4月26日、5月31日、6月28日、各(日)13時半~15時 栄中日文化センター

④「モンゴメリ文学を読む」全3回 2020年7月~9月

 モンゴメリの小説から『赤毛のアン』以外の名作3作の鑑賞、舞台の土地を解説。
 『ストーリー・ガール』(1911年)、『新月農場のエミリー』(1923年)、『青い城』(1926年)

東京   2020年7月11日、8月22日、9月5日、各(土)16時~17時半、朝日カルチャー新宿
名古屋 2020年7月5日、8月2日、9月6日、各(日)13時半~15時、栄中日文化センター

⑤「謎とき『アンの夢の家』」全3回 2020年10月~12月 東京と名古屋
・冒頭のブルックの英詩、作中に引用される膨大な英文学の古典
・同時進行で進む3つの物語の謎と仕掛け(アンの物語、レスリーの物語、ジム船長の物語)
・各登場人物の民族的背景、作中のケルトとキリスト教、小説の舞台フォー・ウィンズのモデルの土地

 

サイン本プレゼント  1/4

2020年1月のプレゼント 応募要項
プレゼントの賞品

 第3巻『アンの愛情』
 モンゴメリ著、松本侑子新訳、文春文庫、750円+税

当選者数   3名様

〆切     2020年1月31日(金)

当選発表   2020年2月1日(土) 

賞品の発送  2020年2月上旬に発送

どうぞ応募ください。 

2019年12月のプレゼント 当選者発表 

・プレゼントの賞品
 第2巻『アンの青春』

 モンゴメリ著、松本侑子新訳、文春文庫、700円+税

当選者数 3名様

 おめでとうございます。

 2020年1月4日(土)
 郵便局のレターパック(青色)で発送しました。

文春文庫、2019年発行


日本初の全文訳・訳註付『赤毛のアン』シリーズ刊行スタート  12/26
●第④巻『風柳荘(ウィンディ・ウィローズ)のアン』2020年1月4日発売、文春文庫、750円+税


●第③巻『アンの愛情』 2019年1月発売、文春文庫、700円+税


Amazon
楽天ブックス


●第②巻『アンの青春』 2019年9月発売、文春文庫、710円+税



口絵


エピグラフと目次1


目次2


Amazon
楽天ブックス

アン16歳、美しいプリンス・エドワード島で先生に!

米国詩人ホィティアーの詩「丘のふところにて」に始まる、日本初の全文訳

訳註で、作中の英文学と聖書100ヵ所以上、民族を解説

民族 アンはスコットランド系カナダ人、アンと親しい人々もすべてスコットランド系
    マリラは、スコットランド移民2世
    マリラが引きとるキース家の双子のデイヴィとドーラ。キースはスコットランド人の名字
    隣人ジェイムズ・ハリソン氏と、その妻エイミー・スコットもスコットランド系
    アンの教え子ポール、その父アーヴィング氏、その祖母もスコットランド系カナダ人

アンの好物のお菓子は、スコットランドの伝統菓子ショート・ブレッド

『アンの青春』は、移民国家カナダにおけるスコットランド系の人々の物語!


●特設コーナー ~『赤毛のアン』シリーズ全8巻(文春文庫)の世界
  口絵のカラー写真11点掲載 7月12日


新訳 第①巻『赤毛のアン』
 モンゴメリ著・松本侑子訳・文春文庫、780円+税、2019年7月発売



 ページ数608ページ
 (集英社文庫版は555ページ)

 amazon
 楽天ブックス


 







美しいプリンス・エドワード島で愛されて成長していく少女アン。幸福感あふれる名作の日本初の全文訳。

訳文は、お茶会のラズベリー水とカシス酒、アンの民族衣裳、スコットランドから来たマシューの母など、モンゴメリの原作に忠実に、全文を、みずみずしく夢のある文章で訳した真実の物語。

巻末の訳註では、作中に多数引用されるシェイクスピア劇など英文学と聖書の句、スコットランド系アンとアイルランド系ダイアナなど登場人物の民族、ケルト、19世紀カナダの衣食住、キリスト教、草花とハーブをくわしく解説。

口絵には、リンド夫人が棒針で編むキルト、アンとマシューが初めて出逢った駅のモデル、マシューが愛するスコットランドの薔薇など、物語に描かれる品々や場所の写真を11点掲載。

松本訳の旧訳『赤毛のアン』(集英社文庫)の訳文と訳註を、全面的に改稿した新訳。

児童書でも、少女小説でもない、大人の心豊かな文学『赤毛のアン』。

❤『赤毛のアン』文春文庫、口絵に写真11点




❤『赤毛のアン』文春文庫、エピグラフ・献辞、目次




❤今後の刊行スケジュール 全文訳・巻末訳註付『赤毛のアン』シリーズ・文春文庫

巻数  書名      アンの年齢                   文春文庫の刊行時期
第1巻『赤毛のアン』
第2巻『アンの青春』
第3巻『アンの愛情』
第4巻『風柳荘のアン』
第5巻『アンの夢の家』
第6巻『炉辺荘のアン』
第7巻『虹の谷』
第8巻『炉辺荘のリラ』

   誕生~16歳
16~18歳
18~22歳
22~25歳
25~27歳
30~40代
40代
40代~50代 
  
少女時代
島の教師
本土の大学生、求婚5回
島の高校校長、婚約時代
結婚、医師の妻、死産
三男三女の母
子どもたちの思春期
第一次大戦の銃後の家庭
息子三人の出征と戦死
  2019年7月 発売
2019年9月 発売 
2019年11月発売
2020年1月 発売
2020年秋  翻訳中
2021年夏
2022年春
2023年冬

日本初の全文訳、作中の英文学と聖書、時代背景の訳註付。どうぞご期待ください。


モンゴメリ・ファン・クラブ「バターカップス」 入会受付中
 
 1981年の創立。 世界で最も長く続いているモンゴメリのファンクラブだそうです。 
 会長は岸川かほるさん。モンゴメリファンのボランティアで運営されています。

 松本は1999年から会員です。

 会員になると、年に11回、月刊「バターカップス通信」が郵送で届きます。
 国内外のモンゴメリ関連の話題が掲載されています。
 通信には投稿もできます。松本は、毎号、寄稿しています。
 
 都内で、年に11回、通信の発送会とアンのお茶会があります。
 名古屋では、モンゴメリ作品の読書会も盛んです。

 年会費2000円。現在の会員数は約177人。
 入会方法は、公式サイトに記載されています。
(公式サイトは、担当者不在のため、何年も更新されていませんが、活動は毎月実施されています)

松本侑子の企画・同行解説の世界名作ツアー  12/26

2020年は、3つの名作ツアーを実施します。

1)2020年4月2日~4月8日 第2回「イタリア旅物語」ツアー 現在30名様のご予約、残席わずか
・ローマ、フィレンツェ、ヴェネチアの三大都市観光と美食と歴史・文学の旅

・『赤毛のアン』に引用される英文学よりイタリアが舞台の作品めぐり
 シェイクスピア劇「ジュリアス・シーザー」のローマ
 シェイクスピア劇「ロミオとジュリエット」のヴェローナ
 バイロン「チャイルド・ハロルドの遍歴」のフィレンツェ
 「紙は点にあり、この世はすべてよし」のブラウニング「ピッパが通る」のアゾーロ

・赤毛の美女を好んで描いたルネサンス画家の巨匠ティティアーノ(『赤毛のアン』に登場)の絵画を
 フィレンツェのウフィツ美術館とヴェネチアの教会で見学

・映画「ローマの休日」の舞台めぐり など盛りだくさんの旅です。


2)2020年6月4日(木)~6月10日(水) 
第18回カナダ『赤毛のアン』ツアー 林檎の花の旅

 
 オンタリオ州、プリンス・エドワード島州、ニューブランズウィック州、ノヴァ・スコシア州へ
 『赤毛のアン』『アンの青春』『アンの愛情』『風柳荘のアン』の舞台へ

 
現在29名様のご予約、残席7名 お問合せ ☎03-5640-7100 ケイライントラベル株式会社


3)2020年10月16日(金)~10月22日(木)
 カナダ『赤毛のアン』ツアー 秋の紅葉の旅
 『青い城』のオンタリオ州バラへ

 オンタリオ州、プリンス・エドワード島州へ
 モンゴメリが『アンの愛情』を書いたオンタリオ州スクデイルの家
 『風柳荘のアン』を書いたオンタリオ州ノーヴァルの家
 モンゴメリの名作小説『青い城』の舞台オンタリオ州の湖水地方バラへ
 プリンス・エドワード島のグリーン・ゲイブルズ、恋人の小径、お化けのお化けの森へ

●松本侑子の企画・同行解説の世界名作ツアー ケイライントラベル主催

 毎年6月に『赤毛のアン』ツアーを、それ以外の時期に世界名作ツアーを実施しています。

 以下の世界文学紀行集に基づいて、ツアーの企画をしています。
 いずれも松本侑子著、Amazonなどの電子書籍で販売

① 『イギリス物語紀行』幻冬舎文庫、585円
 
② 『アメリカ・カナダ物語紀行』幻冬舎文庫、585円

③ 『ヨーロッパ物語紀行』幻冬舎、1296円

④『私の青春文学紀行』新潮社とんぼの本



 過去に実施したツアーの内容の一部(各年の日程表) 
 
2018年 スイス「ハイジ」とオーストリア「サウンド・オブ・ミュージック」
 2017年 アメリカ東部「若草物語」と「あしながおじさん」、マーク・トウェイン、ストウ夫人の屋敷
 2016年 ドイツ「メルヘン街道とグリム童話」、「若きウェルテルの悩み」
       イギリス 2014年の目的地に加えて、シェイクスピアの生没地 
 2015年 スペイン「カルメン」紀行、フランス・パリ観光
 2014年 イギリス「ハリー・ポッター」「ピーターラビット」「嵐が丘」「ホームズ」
 2013年 アメリカ中西部「大草原の小さな家」シリーズ
 2012年 イタリア「ローマの休日」「ジュリアス・シーザー」「ロミオとジュリエット」「ピッパが通る」、
       赤毛の美女を描いたティティアーノの絵画
 2012年 スイス「ハイジ」とオーストリア「サウンド・オブ・ミュージック」
 2011年 イギリス「ピーターラビット」「嵐が丘」「ピーターパン」「ホームズ」ほか

 
今後の予定(お客さまのご要望で決めるため、変更される場合もあります)
 2019年9月6日~9月12日 アイルランド「ナルニア国物語」「ガリヴァー旅行記」「ケルズの書」など

 2020年4月2日~4月8日 「イタリア旅物語」2回目、上の2012年と同じツアー
 ローマ、フィレンツェ、ヴェローナ、アゾーロ、ヴェネチアの観光と美食
 『赤毛のアン』に引用される英文学よりイタリアが舞台の作品めぐり
 映画「ローマの休日」、シェイクスピア劇「ロミオとジュリエット」、
 「神は天にあり、この世はすべて良し」の詩「ピッパが通る」の舞台アーゾロほか

 2020年10月中旬 秋のカナダ『赤毛のアン』ツアー
 紅葉のオンタリオ州へ、「青い城」の舞台バラ、モンゴメリが『アンの愛情』を書いたリースクデイル牧師館
 『風柳荘のアン』を書いたノーヴァル、トロント公共図書館でモンゴメリ原書と書簡、ナイアガラの滝
 プリンス・エドワード島州へ。グリーン・ゲイブルズ、赤毛のアン記念館ほか
 
 2021年7月 「ファンタジーとアーサー王伝説の英国紀行」
 『赤毛のアン』に引用される「アーサー王伝説」の舞台めぐり。コーンウォール、グラストンベリー、
 ストーン・ヘンジ、写本発見のウィンチェスターの円卓、「ランスロットとエレーン」の舞台ギルフォード。
 アガサ・クリスティの故郷トーキー、「くまのプーさん」の森、「不思議の国のアリス」のオックスフォード
 ルイス・キャロル逝去の地ギルフォード記念館、「ピーター・パン」のロンドンほか


 2022年 フィンランド「ムーミン」とデンマーク「アンデルセン童話」の北欧童話ツアー
        又はドイツ「メルヘン街道」とグリム童話 2016年と同じ
        又はスペイン「カルメン」紀行とパリ 2015年と同じ
        又はフランス・ブルターニュ地方「アーサー王伝説」、コレット「青い麦」、パリ観光

 年中、お問合せを受け付けています。 ケイライントラベル 電話03-5640-7100


原稿を書いた媒体  12/26
●「女性のひろば」2020年2月号
 連載「生きる喜び、読む喜び」第26回
 『シルバー・レイクの岸辺で』ワイルダー、恩地美保子訳、福音館文庫
 アメリカ、サウス・ダコタ州デ・スメットの写真

「週刊文春WOMAN」2019年第4号・12月20日発売(文藝春秋)
 エッセイ「児童書でも少女小説でもない『赤毛のアン』」

●「Apron」2019年12月号(JA全農)

 エッセイ「『赤毛のアン』の保存食」

●「女性のひろば」2020年1月号
 
連載「生きる楽しみ、読む喜び」第25回
 『プラム・クリークの土手で』ワイルダー、恩地美保子訳、福音館文庫
 アメリカ、ミネソタ州プラム・クリーク、ウォルナット・グローブの写真

「朝日ウィークリー Asahi Weekly」2019年11月24日号(朝日新聞社)
 
エッセイ「翻訳者のはじめのい~っぽ」『赤毛のアン』の新訳について

●「バターカップス通信」2019年11月号
 2019年9月実施のアイルランドツアーより、バターカップス会員の集合写真
 新刊『アンの愛情』文春文庫の紹介

●「女性のひろば」2019年12月号
 連載「生きる楽しみ、読む喜び」第24回
 『ジュリアス・シーザー』シェイクスピア、福田恒存訳、新潮文庫
 イタリア、ローマ。英国ストラットフォード・アポン・エイヴォンの写真

●「女性のひろば」2019年11月号
 連載「生きる楽しみ、読む喜び」第23回
 『ヴェニスの商人』シェイクスピア、松岡和子訳、ちくま文庫
 イタリア、ヴェニスの写真

●「バターカップス通信」2019年10月号
 2020年4月実施の「イタリア度旅物語ツアー」で訪れる『赤毛のアン』ゆかりの土地
 『赤毛のアン』に引用される英文学からイタリアを舞台にした作品の数々
 赤毛を好んで描いたルネサンス画家ティティアーノ

「オール讀物」2019年9・10月合併号(文藝春秋) 8月22日発売
 「偏愛読書館」にエッセイ「謎とき赤毛のアン」3200字

●「バターカップス通信」2019年9月号
 
新刊『アンの青春』文春文庫の紹介

●「公明新聞」2019年8月18日 学芸欄

 エッセイ「『赤毛のアン』日本初の全訳8巻刊行開始」1400字

●モンゴメリ・ファン・クラブ「バターカップス会報」2019年7月号
 モンゴメリ国際学会(麗澤大学2019年6月23日)で、松本侑子が行った英語スピーチの概要
 日本における『赤毛のアン』翻訳事情について

インタビュー、書評、テレビ、ラジオ、そのほか 12/26
●日本ペンクラブ会報「P.E.N.」452号、2019年12月発行
 
冲方丁氏(作家)と松本侑子(作家・翻訳家)の対談「作家と家族」を収録
 2019年10月26日「大田原市文学サロン」(栃木県大田原市)

●「女性のひろば」2019年12月号

 新訳『赤毛のアン』シリーズ刊行記念のトークショー取材 
 (2019年9月26日三省堂書店神保町本店主催)

●「日経新聞」2019年11月2日夕刊
 「文学周遊」にて『島燃ゆ 隠岐騒動』松本侑子著、光文社文庫が紹介

●「パンプキン」2019年11月号
(潮出版社)
 ブックコーナー 新訳『赤毛のアン』文春文庫の紹介記事

「山陰中央新報」2019年10月18日
 新訳『アンの青春』文春文庫の書評(大迫由佳理氏)

「東京新聞」2019年9月13日夕刊
 インタビュー記事
 「全文味わう『赤毛のアン』、松本侑子さん初の初の完訳」川原田喜子記者による署名記事

●「東京新聞」2019年8月17日夕刊
 
 記者コラム「コンパス」
 文春文庫『赤毛のアン』の本格文学、女性作家・女性文学への差別について 
 見出し「曲がり角」 川原田喜子記者による署名記事
 

「中日新聞」2019年8月3日朝刊 文化欄
 インタビュー記事
 「全文味わう『赤毛のアン』、松本侑子さん初の初の完訳」川原田喜子記者による署名記事

「産経新聞」2018年9月24日
 文化欄「赤毛のアン 色あせぬ魅力 出版から110年、くすぐる大人の知的好奇心」
 
 松本侑子訳『赤毛のアン』集英社文庫が紹介されました
 ①全文訳、②英米文学からの多数の引用、③第4巻「風柳荘のアン」が「北風のうしろの国」ジョージ・マクドナルド著をモチーフしていること、が紹介されました。

オンタリオ州の地元紙「The IPF Canada」2018年6月8日

 松本侑子さんと行くカナダ『赤毛のアン』ツアーの紹介記事

 モンゴメリが結婚後に暮らしたオンタリオ州ノーヴァルを38名の日本人ツアーが訪問
 松本侑子訳の註釈付き『赤毛のアン』にも言及
 記者は Alexander Heckさん。


新刊小説 

金子みすゞ初の伝記小説 『みすゞと雅輔』
(松本侑子著・新潮社・定価2,000円+税)

Amazon  楽天ブックス 全国の書店にて、販売中
                (書店にない場合はお取り寄せできます)


「こだまでしょうか」、「私と小鳥と鈴と」「大漁」、心の詩人・金子みすゞ。

知られざる光と影、童謡の熱い時代、自殺の謎を、実弟・上山雅輔
(古川ロッパの脚本家)の膨大な日記を読み解き、弟の目を通して描いた、
青春と愛憎の画期的伝記小説! 

松本侑子ブログより 小説『みすゞと雅輔』コーナー(執筆中から刊行後まで)




電子書籍 

松本侑子の近刊は、電子書籍でも発売されています。
紙の本より低価格です。

『赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行

高画質で鮮明なプリンスエドワード島の写真200枚以上が、
パソコン、iPadなどで、ご覧頂けて、好評です。

・ 楽天Kobo
・ 紀伊国屋書店 
・ Reader Store(ソニー)
・ Book☆Walker(KADOKAWA)
 


● 『アメリカ・カナダ物語紀行』幻冬舎
   2017年9月、この本のアメリカ東部3州「若草物語」「あしながおじさん」ツアー実施

● 『ヨーロッパ物語紀行』幻冬舎
  2015年10月、この本のスペイン・アンダルシア地方「カルメン」ツアー実施済

 『イギリス物語紀行』幻冬舎
  2016年7月 この本のイギリス名作ツアーを実施 

● 短編集『引き潮』幻冬舎 冒頭の小説はイタリア語に翻訳、イタリアで小説集に収録発行

その他の電子書籍

●『愛と性の美学』 
 松本侑子著・幻冬舎発行、電子価格 578円  内容と目次 kindle
 読者のご感想  山口薫のブラック・ボックス、 Yahoo! 読書メーター 
 
●『性遍歴』松本侑子著、電子価格473円 購入サイト BooksV(ブックスブイ)富士通 kindle
など多数

 話題の女装小説「女装夢変化」も収録


●『別れの美学』
 松本侑子著・幻冬舎発行、電子価格 473円 内容と目次 kindle

 単行本・文庫本で40万部突破のベストセラー

 ・読者のご感想  読書三昧 なめらか食

『英語で楽しむ赤毛のアン』 Amazon Kindle
 
2019年1月、第10刷発行のロングセラー








エッセイ集 第3刷
『赤毛のアンに隠された
シェイクスピア』


集英社・1900円+税
楽天ブックス
amazon
まえがき・第1章の全文
松本侑子の『赤毛のアン』の本


日本初の訳注つき全文訳
アンシリーズの翻訳書、
『赤毛のアン』の解説書、
エッセイ集を、ご紹介します。


エッセイ集 第5刷
『誰も知らない
「赤毛のアン」』

集英社・1700円+税
楽天ブックスamazon
集英社(送料無料)

●ホームページ制作協力:鈴木康之

1997年9月20日開設、2016年11月サーバー移転
松本侑子のアン・ブックス
日本初の全文訳とエッセイ集
(日本語)

全9冊の紹介
Anne's Books
by Yuko Matsumoto
in English

日本初の全文訳・訳註付
『赤毛のアン』
2019年7月発行


モンゴメリ著・松本侑子訳
文春文庫 780+税


amazon 
楽天ブックス

アンが語る『ロミオとジュリエット』、
アン、マシュー、マリラの名前とキリスト教、
アーサー王伝説、イエスの聖杯探索など
引用される英米詩と聖書を
解説した訳註つき

本文 第36章 第37章 第38章

訳注 全38章から抜粋


日本初の全文訳
『アンの青春』
2019年9月発行


モンゴメリ著・松本侑子訳
文春文庫・710円+税

amazon 楽天ブックス

ホィティアーの詩に始まる全文訳。
巻末には、英文学からの謎ときを
解説する、くわしい註釈つき


旧訳の集英社文庫版(2005年)
目次
 文庫あとがき
本文




日本初の全文訳
3巻『アンの愛情』
2019年11月7日発売
文春文庫



Amazon
楽天ブックス

「眠り姫」のテニスン詩に始まり、
「愛が砂時計を持ちあげる」
テニスン詩に終わる、真実のアンの物語。
日本初(世界初)の注釈つき全文訳
英米文学と聖書からの引用が116カ所!
その隠された深い意味を
巻末で、詳しく解説しています!

巻頭には、物語の舞台の写真
アンが暮らすパティの家の通り
アンが好きな墓地公園
ギルバートと歩く海岸公園
アンがロイに求婚されるあずまや など

原文Anne of the Island


 文庫 第3刷
『恋の蛍
山崎富栄と太宰治』


光文社文庫

太宰と富栄の波瀾の人生、滅びの愛、永遠の文学、心しみる愛の評伝小説
新田次郎文学賞受賞

amazon 楽天ブックス



■『誰も知らない「赤毛のアン」』 
第5刷
集英社・1700円+税


カバーの拡大図
アンがダイアナに飲ませた
スグリの果実酒、
木苺水(ラズズベリー・コーデュアル)
恋の花メイフラワなど
物語の植物と花、果実も詳しく紹介。
目次を読む

楽天ブックスamazon
集英社に注文
(書店受取り・送料無料)



『赤毛のアンに
隠されたシェイクスピア』

集英社・2052円
第3刷


表紙は、『赤毛のアン』第5章で
アンが語る
「ロミオとジュリエット」の
バルコニーの名場面です。
カバーの拡大図 表

立ち読みページ

まえがき・目次

 第1章 「シェイクスピア劇~アンはジュリエットとなって薔薇の一節を甘く語る」

楽天ブックスamazon
集英社に注文(書店受取り送料無料)

オールカラー解説集
『赤毛のアンへの旅~
秘められた愛と謎』
第5刷
松本侑子著・NHK出版・1296円



楽天ブックスamazon

『赤毛のアン』に隠された謎。
  
登場人物の名とキリスト教の関係。
花言葉と詩に込められた愛の告白。
アンが語るスコットランド民族文化。
イエスの聖杯探索が示唆する物語の結末。

カラー写真150点、図表15点収録

第2刷・2014年発行

『赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行』
目次


JTBパプリッシング、
1600円+税
amazon
『物語のおやつ』
WAVE出版・1400円+税 第3刷


目次と内容
「ぐらとぐら」「メアリー・ポピンズ」
「あしながおじさん」「若草物語」
「大きな森の小さな家」「赤毛のアン」…

物語に登場するおやつのエッセイに、
レシピとカラー写真をそえました。
NHK「きょうの料理」連載エッセイを
1冊にまとめたロングセラー
楽天ブックス
amazon(読者の感想つき)