第21回 松本侑子さんと行く「赤毛のアン」シリーズ全8巻カナダツアー パンフレット
プリンス・エドワード島州、ノヴァ・スコシア州、オンタリオ州など東海岸4州へ

日程 2024 年6月13日(木)~6月19日(水) ルピナスの花咲く春の1週間の旅

定員 36名様 募集3日で満席になりました。

 2025年6月2日(月)~6月8日(日)に同じツアーをします。お問合せ受付中
 2024年10月に『赤毛のアン』と『青い城』を旅するカナダ2州ツアー実施。予約受付中

目的地 『赤毛のアン』『アンの青春』『アンの愛情』『風柳荘のアン』『アンの夢の家』
    
『炉辺荘のアン』『虹の谷のアン』『アンの娘リラ』全8巻の舞台、カナダ東海岸4州へ
特徴
・ 『赤毛のアン』シリーズ翻訳者の
松本侑子が企画・同行・解説
  アンシリーズ各巻の鑑賞とモンゴメリの生涯を解説する充実の文学ツアー

・ 日本初の全文訳アン・シリーズの
名場面を、松本がその舞台で朗読
  翻訳者は、訳文の著作権を所有しているため、朗読ができます!   
 
 文春文庫、780円+税
一般のツアーは観光ガイドさんが『赤毛のアン』の舞台のみ案内。このツアーでは、アンシリーズ翻訳者の松本侑子が、33年間の
現地調査で探し出したアン・シリーズ8作の舞台とモンゴメリの生涯の土地へ、楽しく、くわしい解説と朗読つきで、ご案内します。


代金 62万8千円、その他にエアカナダに支払う燃料サーチャージ代6万6800円、各空港税等1万2590円がかかります。
円安ドル高(1カナダドル70円→111円)、カナダの物価高、エアカナダの航空運賃値上げのため、ツアー代金が上がりました。


食事付~天然ロブスターのディナー(ラズベリー水とカシス酒付き)、ハリファクスの有名レストランの晩餐会など、夕食はフルコース
同行者~プリンス・エドワード島訪問30回以上の添乗員、観光地を解説する日本人女性ガイド、モンゴメリとアン・シリーズを解説する松本侑子
この3人が同行して通訳しますので、安心してご参加ください。

主催 ケイライントラベル株式会社 国土交通大臣登録旅行業者1627号、(社)日本旅行業協会正会員

〒104-6030 東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエアX棟 30階    川崎重工・川崎汽船(株)K-Lineのグループ会社 

今後のツアーのご相談を、年中、受付中
ケイライントラベル 電話03-5144-8520  メール
tpxh@klinetravel.co.jp
(毎年6月に『赤毛のアン』ツアーを実施。2024年は10月にも『赤毛のアン』と『青い城』ツアーを実施)


ツアーの目的地の一部を、ご紹介します。 写真は松本侑子の撮影(松本が写っている写真は除く)。
第1巻『赤毛のアン』の舞台めぐり ~プリンス・エドワード島州

アヴォンリーのモデルとなったキャベンディッシュ……グリーン・ゲイブルズのある村
プリンスエドワード島州の州都シャーロットタウン……アンがクィーン学院に通い、下宿する都会

グリーン・ゲイブルズ 恋人たちの小径 お化けの森 島の赤い道
ホワイトサンズホテル
のモデル。ダルベイ
フレンチ・リバー モンゴメリ結婚式を
挙げた銀の森屋敷
ニュー・グラスゴー
6月の島、花盛りの
リンゴ果樹園
アンが通うクィーン学院
モデルとなった学校
アンが下宿した
シャーロットタウン。
州会議事堂。『アン』18
章でカナダ首相が講演
ブライトリバー駅のモデ
ル、ハンターリバー駅 
モンゴメリが1874年に
誕生した家
モンゴメリが
夫と出会った教会
モンゴメリのお墓

第2巻『アンの青春』にゆかりの土地 アンが先生になる物語。プリンス・エドワード島州~ロウアー・ベデック

モンゴメリが教えた学校 左の内部、教室と机 教師モンゴメリが下宿
した農家リアード家
リアード家の長男でモンゴ
メリの恋人だったハーマン
 

第3巻『アンの愛情』の舞台めぐり ノヴァ・スコシア州~キングスポートのモデルとなった州都ハリファクス

アンが通う大学のモデル。
モンゴメリが学んだ建物
アンが好んで散策する
下宿前の墓地公園
小説でアンが通るライ
オン像の戦争記念碑
アンが暮らす「パティの
家」がある豪邸街の通り
 
「パティの家」の富豪街の
「タバコ王」のお屋敷?
アンがギルバートと散歩
する美しい海岸公園
アンが貴公子ロイが出逢
い求婚されるあずまや
港に、「ブルー・ノー
ズ号」のような帆船
 
モンゴメリ大学に入学
した時のサイン
英国エドワード王子の時
計台とアンが愛する小島
アンが下宿した大通り モンゴメリが働いた新
聞社デイリーエコー社


第4巻『風柳荘のアン』
の舞台めぐり
 プリンス・エドワード島州~校長になったアンが暮らす島第二の町サマーサイド

アン校長の下宿先「塔のある家」
の一例
プリングル一族邸を
思わせる豪邸
島と本土を結ぶ連邦大橋
写真撮影。橋を渡ります
 美しい灯台で写真撮影
 


第5巻『アンの夢の家』の舞台めぐり 
プリンス・エドワード島州~アンの新婚時代 (2024年は灯台見学はなく、フォー・ウィンズの波止場へご案内)

 ジム船長ゆかりの灯台1 ジム船長ゆかりの灯台2  フォー・ウィンズの対岸の漁村   フォー・ウィンズの内海の波止場
   

第6巻『炉辺荘のアン』の舞台めぐり プリンス・エドワード島州~アンの子育て時代 島の北海岸パーク・コーナー

炉辺荘のモデル。旧モンゴメリ家  アンか暮らす炉辺荘のある丘
   

第7巻『虹の谷のアン』 虹の谷のモデルの谷へ、アンが暮らすグレン・セント・メアリ村のモデルの村へ

第8巻『アンの娘リラ』 モンゴメリがこの小説を捧げた最愛のいとこフレデリカ・キャンベルのお墓参り

モンゴメリが牧師と結婚後の50代に暮らし、第4巻『風柳荘のアン』を書き始めたオンタリオ州トロント郊外ノーヴァル(2024年は中止)

モンゴメリが牧師夫人として
夫と息子と暮らした牧師館
モンゴメリ・ガーデン 牧師夫人を務めた長老派教会 モンゴメリが働いた教会
で地元の方の歓迎会
 


ツアーのお食事
 プリンスエドワード島州、ノヴァスコシア州の名産、美味を頂きます。夕食は毎日フルコース

プリンスエドワード島の
名物、天然ロブスター
島の名産ポテト、チーズ、
ベーコンパイのランチ
朝食のビュッフェは
毎日、日替わり
カナダサーモンのソテ
ー、アスバラガス添え
 
デザート・ブュッフェ ランチのシーフードパスタ PEIのムール貝白ワイン蒸 プリンスエドワード島の
人気アイス、カウズ本店へ
 
ディナーのステーキ 夕食のサラダ 五種類の魚介のソテー  カナダの新鮮な生ガキ
 


宿泊するホテル
 全員が同じ客室タイプではありませんが、すてきな宿に滞在します。

オンタリオ州の州都トロン
トのシェラトンホテル
グリーンゲイブルズ徒歩
3分キンドレッド・スピリット
キンドレッド本館の居間
暖炉、オルガン
キンドレッド別館。毎日、
グリーンゲイブルズへ
 
キンドレットのロマンチック
な寝室。アンの気分で3泊
キンドレッドのカントリー
風の寝室
ノウァスコシア州ハリ
ファクスのデルタホテル
ハリファクスのホテル従
業員はスコットランド衣裳
 

観光のほかに、お楽しみもいろいろご用意しています。 北国のカナダは6月が春、花盛り!  

アンの衣装で写真撮影 生地屋さんで布のお買物 キャベンティッシュ海岸へ  アンスグッズ店でお買物
 
6月のグリーンゲイブルズ
のライラック、甘い香り
スノーボールの花、『アン
の青春』でアンが生ける
クラブアップル。『赤毛のア
ン』に実の砂糖煮が登場
ケマン草。アンとダイアナ
の友情の誓いの場面の花
 
PEIの大型スーパーで
ショッピング
赤毛のアン博物館で
マシューの馬車乗り体験
アンがダイアナに飲ま
せたスグリ酒の試飲
アンがミス・バリー、ダイ
アナと行く島の競馬場
 


春は、アンが初めてプリンスエドワード島へ来た季節。 白いリンゴの花が満開の「歓びの白い路」も訪れます。

「たんぽぽ、ひなぎく、すもも、桜、りんごの花でいっぱいの花盛りの島で、アンの舞台めぐりをします。アンが好きな女性のお一人参加が大半ですので 
 女性の方も、どうぞご安心ください。男性は、ご夫婦、親子、姉妹などご家族でご参加ください。あなたのご参加をお待ちしています!」 松本侑子

北海道から鹿児島まで、全国より500名を越える方々に、ご参加頂いています。

ご自宅の空港から出国する羽田空港までのフライトも、ケイライントラベルが割引価格で手配して下さいます。
お電話でケイライントラベルにお問い合せください。電話03-5144-8520、随時、ご相談受付中


第1回 07年9月

第2回 08年9月

第3回 08年10月

第4回 09年6月

第5回2010年6月
第6回 11年6月

第7回 12年6月

第8回 13年6月

第9回 14年5月

第10回 14年8月

第12回 14年10月
 
第13回 15年6月
 
第14回 16年6月
 
 第15回 17年6月

第16回 18年6月

第17回 18年12月
クリスマス雪景色
第19回 19年6月
第20回 23年6月
Covid19で2020~22年は中止

モンゴメリ親族
キャンベル氏と

モンゴメリ親族マクニール氏と
 
モンゴメリ孫マクドナルド氏と
     


松本侑子の企画・同行・解説の『赤毛のアン』ツアーは、1993年に近畿日本ツーリストの催行で、2014年8月に東武トラベル催行で
そして2007年からは毎年、ケイライントラベル催行で実施しています。(2020年~2022年は Covid19のため中止)

毎年6月にカナダ東海岸4州を旅します。

2024年は、秋10月の秋の紅葉のプリンス・エドワード島ツアーも行います。
日程は、2024年10月13日~10月19日
秋のツアーの目的地は『赤毛のアン』のプリンス・エドワード島州と、モンゴメリの恋愛小説『青い城』のオンタリオ州の2州。
宿泊は、グリーン・ゲイブルズまで徒歩2分の宿、トロントではヒルトンホテル。湖水地方ではマリオット・リゾート
ご相談受付中 ケイライントラベル株式会社 ☎03-5144-8520

ご参加者のツアー日記
、旅の日記を、美しいお写真と共に、ブログに掲載
されています。ご覧ください。

日本初の全文訳・訳注つき『赤毛のアン』シリーズ松本侑子のアン・ブックス 新訳とエッセイ集 全10冊の紹介  

アンシリーズ4作の旅するこのツアーから生まれた本

『赤毛のアンへの旅 秘められた愛と謎』 松本侑子著、NHK出版、1200円+税 楽天ブックスamazon

第5刷

目次








 アンの深い魅力をわかりやすく解説するオールカラー愛蔵版。 写真と図版150点
 まえがき 大人になって再読する『赤毛のアン』
 第1章  写真でたどるアンの物語の土地
 第2章  秘められた愛の物語
 第3章  物語に香る英文学
 第4章  キリスト教の愛と聖書のことば
 第5章  暮らしと社会
 第6章  謎とき『赤毛のアン』
 第7章  写真でたどるモンゴメリの生涯
 ツアーでは 第1章と第7章の土地へ。プリンスエドワード島州、ノヴァスコシア州、オンタリオ州を旅します
『赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行』 松本侑子著、JTBパプリッシング、1600円+税 amazon 楽天ブックス

第2刷

版元は、旅行ガイドブック専門のJTB出版。プリンスエドワード島旅行ガイドブックの決定版

第1章 『赤毛のアン』の舞台めぐり(アヴォンリー村)~キャベンディッシュ、グリーン・ゲイブルズ、恋人た     ちの小径、お化けの森など
第2章 アンとモンゴメリの生涯を訪ねて 
第3章 プリンス・エドワード島の四季とアンが愛した花と木々。40の花々を、『アン』の訳文をそえて紹介
第4章 島を旅する楽しみ、料理・お勧めの宿・お買い物・おみやげ
第5章 大人になって味わうアン・シリーズ全巻紹介
第6章 プリンス・エドワード島へ行こう!
旅の情報とガイド
『赤毛のアン』 モンゴメリ著、松本侑子訳、文春文庫 780円+税  amazon 楽天ブックス
日本初の全文訳・巻末訳註付の『赤毛のアン』

 従来訳で省略・改編された部分を、正確に訳した初の全文訳
 モンゴメリが冒頭にかかげたブラウニングの詩と、亡き両親に捧げた献辞も翻訳。

 冒頭のブラウニングの詩
 「あなたは良き星のもとに生まれ、精と火と露より創られた」 アンの誕生

 モンゴメリが亡き父母に捧げた冒頭の献辞
 「今は亡き父母の思い出に、この本を捧げる」

 マシューとマリラの母が、
 スコットランドからスコットランドの薔薇をもって船でカナダへわたって来る
場面
 (グリーン・ゲイブルズの一家は、アンも含めてスコットランド系)

 マリラが、アンと真実の母子となる感動の名場面など、
 真実の『赤毛のアン』をすべて訳しています。

 巻末に、約90ページの注釈をつけ、物語に出てくるカナダの首相、政党、
 スコットランド系であるアンとカスバート兄妹の生活文化、料理、服飾、
 そして、100カ所ある英文学と聖書からの引用と意味を、くわしく解説。

 カバーは、漫画家の勝田文先生の手描き

 従来訳で、改編・省略された品々
  たとえば、いちご水(正しくはラズベリー水)、ぶどう酒(カシス酒)
  刺し子布団(棒針編みのベッドカバー)、
  これまでは省略されてきたアンのスコットランド民族衣裳の帽子も、正確に翻訳。
 これらの現物を、ツアーでは、プリンス・エドワード島でご覧頂きます。 
 

ツアーのお問い合せ ケイライントラベル株式会社  東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエアX棟 30階
電話
03-5144-8520  メール tpxh@klinetravel.co.jp 


松本侑子ホームページ